カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
価格帯・タイトル「by K.i.」商品価格 1万円以下「by K.i.」商品価格 1万から2万円「by K.i.」商品価格 2万から3万円「by K.i.」商品価格 3万円以上

苔生す石積の門前町

旅・石積みの通り

車を降りると、琵琶湖から吹き上げてくる冷たい風に
ブルってしてしまう、薄日の射す冬の1日。

比叡山・延暦寺を後ろに門前町として栄え、「日吉大社」のある地。
私がここを訪れるのは、
広い通りも、路地にも苔生す美しい石積に惹かれて。
そして、静けさの中に身を委ねられる場所が好きだから。

歩きましょうか? 
きっと、ご一緒してくださると好きになってくださると思うの


旅・大社までの参道  旅・老舗のそば屋

「日吉大社」への参道は、とても広い大通り。
「坂本」といえば、この老舗の蕎麦屋は、有名なのです。
蕎麦好きの私も何度も足を運んでいますもの。

朱塗りの柵と鳥居で囲われた、小さな茶畑。
曰くがありそうでしょ。
比叡山の開祖・最澄が天台山から茶の実を持ち帰り、
この地に蒔いた「日吉茶園」(僅か、14〜5畳のスペースよ)。
知りませんでした・・日本の茶の発祥地は、この坂本。

その先の路地裏にある「水琴窟」へも寄りましょうか。
地下に埋められた壷に落ちる水滴の、
微かな、透明感のある音に耳を澄ませて・・聞こえました?

茶の発祥の「日吉茶園」 旅・水琴窟

【Shop by K.i.】旅・石積の道  旅・石積の道

坂本の「穴太(あのう)」一体に居住していた石工集団「穴太衆」
自然のままの石面を巧みに積む
美しい独特の石垣構築で、彦根城、大阪城、金沢城をはじめ、
名だたる寺社や砦を全国で手掛けているのです。
何百年の時を経て、苔生した石積が本当に美しいのですよ。


石積の洞窟 入り口 1  石積の洞窟 入り口 2

石積で作られた洞窟は、中で三方に別れ出口も3箇所。
この洞窟の上は、富士山を模しているのですが、
カメラには納まりきれません!!
中には広い部屋(?)もあり、どうやって、
測量器の発達していない350年も前の人々が、
それぞれの入り口を結び付けられたのか・・・

では、これから「慈眼堂」と「日吉東照宮」に向かいましょう。

旅・「慈眼堂」全景 「慈眼堂」の境内

石仏の12体の阿弥陀様

石仏の阿弥陀様 境内の石塔

あー この「慈眼堂」は、私が一番好きな場所なのです。
「慈眼大師南光坊天海大僧正」の廟。
徳川家康・秀忠・家光と三代に渡り幕府に遇された
名僧なのですが、彼は謎につつまれている人物なのですね。

戦国時代の歴史が好きな私は、
信長・家康・政宗がご贔屓。
山岡壮八の「徳川家康」全16巻(厚さがね、1巻35mmほど)を、
なにしろ、7〜8回も読み直しているくらいなの。
勿論、天海大僧正のことは知っていましたよ。

歴史のミステリーの一つに、
この大僧正は明智光秀ではないかと・・・
(合戦で破れ、敗退する途中に農民に竹槍で殺されたが通説)
この説を聞いた時に、合点がいくことがたくさんあるのです。
この坂本は、光秀のお城が有った場所。そこに何故、廟が?

ちなみに、「慈眼堂」には、案内書も受付も無く、
ただ・・そっと建っている。
境内には、12体の石仏・阿弥陀如来様が
静かに琵琶湖を見つめて並んでいるのです。
石塔の中には、紫式部や和泉式部の塔も。

いつ行っても、静寂の中に広がる凛とした空間が、
身体の中を浄化してくれるような気が・・・

「慈眼堂」の上の丘陵にあるのが「日吉東照宮」
とっても急な階段を登るので、ゼイゼイかしら。
この階段傾斜角60度くらいは、ありますよね。

そう、この「日吉東照宮」は天海大僧正が建隆した宮。
「日光東照宮」の雛形になっているのです。
天海=光秀説はここにも強い根拠があるの。
徳川家の「葵の紋」と共に、明智家の「桔梗の紋」があるのですよ。
信長を討った謀反人である、光秀の紋が
打たれているのって、有りえないでしょう?
 「日光東照宮」も同じです。「桔梗の紋」が打ってある。
確かめに行ったのですから、本当ですよ。

それに・・・日光には、「明智平」という名勝もありますよね。
これだって、可笑しいと思いますでしょ?

謎。謎なのです。
私・・・殆んど信じていますが。知りたい!! 真実を!!

「東照宮」の参道 傾斜がキツイ階段

旅・日吉東照宮

豊かな色彩の本殿 1 豊かな色彩の本殿 2

もう一度「慈眼堂」に戻り、通り抜けて「滋賀院門跡」に。
こちらも、天海大僧正が京都から移築して
天台主の法王が代々お住みになった別名「滋賀御所」
白壁と穴太積の石垣が綺麗ですね。

滋賀院門跡の白壁

「滋賀門跡」の山門   白壁と穴太積の石垣

さあ、そろそろ「日吉大社」の方に戻ります。
苔に覆われた石垣の道を通る時には、琵琶湖が見えると思います。

石積の門前町、楽しんでいただいたかしら?

「日吉大社」の鳥居 旅・「日吉大社」

苔に覆われた石垣と木

坂道から琵琶湖が

ページトップへ