カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
価格帯・タイトル「by K.i.」商品価格 1万円以下「by K.i.」商品価格 1万から2万円「by K.i.」商品価格 2万から3万円「by K.i.」商品価格 3万円以上

紅葉を見ながら・・秋の味覚の地へ。

少し長めのドライヴのお付き合いをしていただく一日。
京都の北西方向に位置する丹波篠山。
「でかんしょ〜、でかんしょ〜おで半年暮ら〜す。ヨイヨイ!」って歌は
ご存知でしょう?
その歌の土地が丹波篠山。
そこへ着く前に寄っておきたい場所が幾つかあるので・・・


野鳥のオアシス、水辺の公園

右も、左も連なる山の木々が
黄色や赤に彩られた国道を一直線。
「出雲大社」にご参拝をして行く前に寄り道を。
広〜い池の水辺にはたくさんの野鳥が遊ぶ公園で、
双眼鏡を手に鳥達の戯れを見るのもフッと和む時間。
岸辺では、マガモ達がなにやら密談中。
談合は失敗なのか、
この後、思い思いの方向へ飛び立ってしまいました。

「出雲大社」神殿 境内の落ち葉

「出雲大社」のご神体の山に入ると神様達が集った聖地、
大きな岩が円を描くように並んでいる場所があります。
誰が置いたのでもない自然の配置。
静寂・・それを破るのは鳥の声。
いつしか話す言葉も声を潜めてしまう厳かな気分に。
神様がいなくなるという「神無月」。
きっと、ここに来たらお会いできるのかも・・・
来年の干支、ゴールドの丑を授かって、さあ、出発!

「るり渓谷」の紅葉具合は?
見頃の頃なら、巨岩を落ちる滝に
彩が映りこみ綺麗なのですが、残念!少し遅かったようです。
僅かに残る紅葉に慰められるような思いで歩いてみました。

「るり渓」の岩場 「るり渓」の紅葉

真正面にも色彩が豊かな山々
左右は「のどか」と言う言葉がピッタリするような
畑に点在する農家が。
川を渡れば、丹波篠山の地に。
お城は残ってはいないけれど、城址を囲む石垣の見事なこと!!
石に刻まれた印によって、
どこの大名が手掛けたかがわかるのだそう。
城下町の風情は中心部から離れた路地に、通りに色濃く漂っています。

お城の石垣

城址から見た山々

武家屋敷通り 武家屋敷通り 武家屋敷通り

秋の味覚の食材の宝庫ともいえる篠山。
黒豆は勿論、ご存知でしょう?
栗に、山芋、枝豆、店の店頭には山積み!!
この通りを歩くのは面白さがいっぱいです。
昔ながらの駄菓子やみたいのが・・・
説明するより、歩いてみましょうか

黒豆屋さん

懐かしい駄菓子やさん 古物店

お腹が空いている方にはちょっと気の毒だけれど・・・
お昼には黒豆のホックホックなご飯をいただきました。
そう、それに名産の山芋を揚げたのと
お団子にしてトロ〜リ餡かけも。

名産の並ぶ店頭 美味しい栗饅頭 栗が満載の大ザル

もう〜お腹はいっぱい!!
旧い商家の並ぶ通りを一回りしたら、
王子山にある稲荷に足を延ばすことに。
お相撲と縁のある稲荷の真っ赤な鳥居と
紅葉の美しさを見てから帰りましょうよ

「まけきらい神社」の鳥居    「まけきらい神社」

稲荷の紅葉

稲荷の謂れ

一日ひっぱり回してしまいましたので、お疲れになったことでしょう。
気分もお腹も満たされていただけていたら
とても嬉しいのですが・・・

帰りの車の中で、眠っていてくださってよろしいですよ。


ページトップへ