カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
価格帯・タイトル「by K.i.」商品価格 1万円以下「by K.i.」商品価格 1万から2万円「by K.i.」商品価格 2万から3万円「by K.i.」商品価格 3万円以上

「さくら祭」の日の宇治ぶらり散策記

山の展望台のさくら

4月の最初の週末。 毎年恒例の「宇治さくら祭」は、私にとっても恒例行事。
さくらを見にと云うよりは・・・お目当ては、開催している陶器市
炭山陶芸村の30件ほどの工房が出店をするのです。
一軒一軒のテントを覗きこみ、手に取り、品定めをして
即決したり、迷いに迷ったりしながら買い込む器類。これが楽しい!!
買った器に何を盛り付けようかと・・・それで夕食のメニューが決まる。


この日は汗ばむような陽気の春の一日。
なので、「さくら祭」に行く前に展望台のある山・仏徳山を歩くことに。
雑木林の山坂道を歩くのは、ほんとうに気持ちが良い時間です。

さくら 宇治川

雑木林のあちらこちらには、もう若緑の小さな葉が眩しいくらい!!
優等生!と褒めてあげたいウグイスの鳴き声に拍手。
右に折れ、左に折れての山道を繰り返し登って行けば
宇治川の流れや、宇治の街を一望の展望台に到着します。

宇治さくら散策

何本かある桜の木。そのすべての枝の花が開いています。ええ、満開!!

まるで・・・・さくら色に染められた空間の中に立っているようです。

この展望台からの眺め

宇治のさくら

川の対岸。紅白のテントが見えている所が塔の島。「さくら祭」の会場です

さくらの花のトンネルを通り、雑木林の道をくだって「興正寺」へと。
木洩れ日や、風が吹き抜ける山道。
「木々の息ぶき」を存分に感じさせてくれる、この道は私のお気に入り。

さくら祭 宇治

雑木林

大きな樹木、風変わりな樹木。 時には、木々の間から美しい色彩の花も。

山道の花々

「興正寺」でも満開の さくら がお出迎えをしてくれました。

興正寺のさくら

本堂の後ろ側に見えている山の中を歩いてきたのですよ。
お寺の参道と云える琴坂は、紅葉の美しさで知られています。
それは言い換えれば、新緑も素晴らしいということ。
ほ〜ら、もう若い緑の色が美しい。

興正寺 琴坂の新緑

琴坂を下り、宇治川沿いの道へと。
この道の両側も、今は盛りと花ひらく さくら並木が。

宇治川沿いの桜並木

花びらを風が舞わせている、風雅な光景もみられます。
ここでちょっと、知ったかぶりを。(聞きかじりの知識ですよ)
さくらの花の中心部を、ご覧になってね。
花の中心が赤いのは、受粉が終わった花々。
風に舞うのは、この受粉後の花の花びらなのです。
花の中心が白いのは、受粉前の花々。
強い風でも、雨に打たれても散ることはないのだそう。

さくら花の対比

さあ、塔の島の「さくら祭」に。「炭山陶器市」へと向かいますね。
皆様には、川沿いの満開の さくらを楽しんでいただくことにして。

川沿いのさくら

さくらの枝

さくら 遊覧船

「さくら祭」会場

ふふ、ふっ・・・・蛇足ですが、この日の「陶器市」の私の戦利品です!!

陶器市での器

(バニラ色の角皿の真ん中に置いてあるのは、箸置き)


ページトップへ