カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
価格帯・タイトル「by K.i.」商品価格 1万円以下「by K.i.」商品価格 1万から2万円「by K.i.」商品価格 2万から3万円「by K.i.」商品価格 3万円以上

花・つばき。つばき寺を訪れて。

つばき寺散策 見出し

そう、近くの神社にだって、数件先のお家の庭にだって「つばき」は見かける。
紅色、乳白色、ピンク・・・・色や花の形が少し違うのがあったにしても
「あー きれいな つばき!」って、どれも「つばき」での一括り
ふと目にした新聞記事。240種類の「つばきの咲く寺」
ウズウズと心が動き、訪れてみることに。

「浄安寺」、お寺の門の前で首を傾げてしまいました。
それほど広いお庭も無く、本殿もこじんまりの小さなお寺です。
一歩足を踏み入れた時から、あちらこちらに椿の木があり、花も開いている。
でも・・・・ここに本当に240種類以上の椿の木が? どう見たら良いの?

その時に、本堂の方からお声が
「どうぞ、お上がりください。お花、ご説明をしますから」

つばき寺 本尊

こんなに素敵な つばき の見せてくださり方・・・・あったのですね。
本堂内には数人の方々が集まっていらして
ご住職の奥様が自ら活け、一輪一輪を愛おしそうに紹介をしてくださるの。

つばき お寺散策

一輪の つばきの花。添えられた一枝。それぞれに異なる一輪挿しの器。
その前には達筆な毛筆での花の名の短冊が置かれているのです。

つばき散策

白いつばき お寺散策

つばき寺 散策

活けられた つばきも、茶花のように添えられた枝も全てが境内での自生
なんだか・・・風雅な時を過ごしているような気すらしてきていました。

境内のお庭に出て椿の木や、木々の間を歩いていても
つばきの花の味わい方が今までとは違います。

つばき寺散策

つばきの種類 散策

つばきのお寺

思いがけない「つばきの花からの、おもてなし」をいただけて
この日の春の陽光のように、心の中にも温かさが。

ご住職の奥様が作られた「浄安寺・つばき名の一覧」

つばきの種類






ページトップへ