カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
価格帯・タイトル「by K.i.」商品価格 1万円以下「by K.i.」商品価格 1万から2万円「by K.i.」商品価格 2万から3万円「by K.i.」商品価格 3万円以上

この鳥居は・・・・

ある日の新聞の隅に小さく載っていた囲み記事。
その記事に興味を惹かれたのが、ロング、ロングの歩きにつながって。

住んでいる桃山から、グル〜ッと山を抜けながら戻ってこられるのも
お散歩に、いいかもぉー!!の軽い気分出発でしたよ。

「おにぎり弁当」 「飲み物(紅のも)」 リュックに入れて、
万歩計も付けたし、紅もリードを付けて準備良〜し!!

まずは、「桃山城」の後ろ側にある野球やサーッカーグランドの裏側から
坂の下にある公園を通り、「八科峠」へと。

【Shop by K.i.】桃山城

【Shop by K.i.】散策記 さくら

「桃山城」の城内庭園では、さくら! さくらが咲いていました!

散策記・公園

「桃山城」の下側にある公園を通り抜け


【Shop by K.i.】散策記・峠

写真で見ると、峠の佇まいのように見えますが実は住宅街のど真ん中

この峠から、新聞記事で見つけた「古(ふる)御香宮」へと。
豊臣秀吉が伏見城の鬼門除けとして、現在の「御香宮」をここへ移築。
徳川家康が天下を治めた後、再び「御香宮」は今の場所に戻された。
ふ〜む! そんな経緯があったのですね。
訪れた「古御香宮」は、ひっそりとした小さな神社として現存です。

散策記・神社参道

【Shop by K.i.】古御香宮

神社に手を合わせ、ここから大岩山に向かったのです。
傾斜度はきつくはないものの、かなりの高低がある坂道です。
この付近にこれほどの竹林が広がっているなんて・・
路の両脇は竹林。乾いた竹のぶつかり合う音に、情感が。
あれぇー まだでしょうか? 展望台までは。

【Shop by K.i.】散策記・竹林

展望台からは晴れていれば大阪市内から愛宕山までが、ズ、ズーイット
この日は、愛宕山やポンポン山は見えていたのですが・・大阪は残念。
真ん中辺に見えます? 「桃山城」ですよ! あそこからテクテクと・・・

はい!紅もお疲れさま!お昼にしましょうね。

散策記・展望台

「大岩神社」まで行くかどうかを迷ったのです。
堂本印象の寄進の鳥居があるらしいけれど・・・
あまり乗り気ではなかったものの、ここまで来ているのだからと。
山道を下っていったのですよ。

山腹の神社。 静かに凛として存在していました。
古来より「難病の神様」と言い伝えられているとか。
大岩(男神)、小岩(女神)を祀っているのです。

ここまで来て良かった! この鳥居の見応えのあること!!
信心なく、観賞用とみるのって、罰当たりだったでしょうか・・・
でも、でも、初めて見ましたよ!こんな鳥居は。

【Shop by K.i.】堂本印象の鳥居2

【Shop by K.i.】堂本印象の鳥居1

堂本印象の鳥居

前も後ろ側にも、レリーフ(?)が施されているのです。

「八科峠」を出た辺りから気が付いていたのですが
この深草丘陵一体は、昔は広大な竹林地帯ではなかったのかと。
神社からの山道の下には、竹に囲まれた道。
妖怪でも出てきそうな沼の傍を通ったり
岩の間から落ちてくる控えめな滝を通ったりして、国道へ。

【Shop by K.i.】竹林の道

【Shop by K.i.】散策記・沼

散策記・滝

無数の種類だろう鳥達の音色のちがうお喋りや
竹林からの囁き声に、さようなら!をして車の行き交う道に。

電車の駅にしたら二駅の距離を、ひたすら桃山へと。
途中で住宅街に入り、小さな公園で一休み。
家を出てから4時間。よく歩きました!!
紅ちゃん、3日間ぐらい散歩はしなくてもいいのでは?

いえ!その夕方も、お散歩の催促はされました・・・タ フな娘です!!

【Shop by K.i.】散策記・紅








ページトップへ