カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
価格帯・タイトル「by K.i.」商品価格 1万円以下「by K.i.」商品価格 1万から2万円「by K.i.」商品価格 2万から3万円「by K.i.」商品価格 3万円以上

奈良・わき道を通れば・・・

歩けば、汗ばむような陽気の日

葉桜になってはいるものの、奈良をブラブラもいいかしらと。

代表的な建造物や名所を避けて、好きな「わき道」を気ままに・・・・

やっぱり、スタートは「猿沢の池」からでしょうか。

【Shop by K.i.】旅・猿沢の池

正面に見える旅館。
中学の修学旅行で泊まったのですよ。草いきれが臭い!朝の印象が
京都に住み始めてからも、奈良を遠ざけていた原因ですね。

あの頃の亀や鳩さん達ではないにしても・・・・
お日向ぼっこは、相変わらずなのですね。

旅行・猿沢の池の亀2

旅行・猿沢の池の亀


この池のすぐ上が「興福寺・五重塔」
そこから「近代美術館」もある、広〜い公園を突っ切って「東大寺」へ。
鹿がたくさん寛いでいる芝生の広場。
「鹿せんべい」買うのを見つかったら、さあ大変!!こっそりと。
おせんべい売り場では、おー!鹿達は見張っています!

【Shop by K.i.】旅・興福寺五重塔



旅行・公園内の食事処

【Shop by K.i.】旅・東大寺参道

旅行・東大寺参道のせせらぎ

【Shop by K.i.】旅・鹿のくつろぎ

【Shop by k.i.】旅・鹿のいる街

旅行・微笑ましい鹿達



「東大寺」は、大きすぎて・・・ 
「仁王門」のこの方の足の大きさときたら・・・・

旅行・東大寺

東大寺・仁王門


「春日大社」の参道から、わき道に入ります。
「ささやきの道」、この道の先には文豪・志賀直哉邸が。
多くの文壇の士が、志賀邸へとこの道を通り訪れてきたとか
ええ、喧騒は消え、聞こえるのは鳥の声だけ。
きっと、この雑木林を歩きながらの構想から素晴らしい本たちが・・
鳥のお喋りに耳を傾けながら、私も構想をと・・・

お昼、何を食べようかしら・・って。 そんなことを!!

旅・春日大社参道

【Shop by K.i.】囁きの道

【Shop by K.i.】ささやきの道・木のオブジェ

囁きの道の鹿

旅・志賀直哉邸

目指してきたのは、実は「志賀直哉邸」の前にあるコーヒーショップ
お庭で飲むコーヒーは、開放感があり
大きな木が作ってくれる木陰からの木漏れ日、気分はゆったり!
お昼寝でもしたくなってしまいました。 えっ!ダメ?次の「わき道」に?

【Shop by K.i.】旅・高畑サロン 1

【Shop by K.i.】旅・高畑サロン 2

「ささやきの道」を引き返し、途中から「鷺原の道」へと。
このわき道を通るのは初めてなのです。
いにしえの昔、「興福寺」の僧侶達が「春日大社」への参拝に使った道
あー すごい巨木が天に向かって太い枝を伸ばしていますよ。
見惚れながら歩いて、おっ!木の間から「奈良ホテル」が見えてます。
奈良へ来ると、立ち寄るホテルも今日は素通りしますね
「高畑サロン」でコーヒーも飲んだばかりだものね。
いきなり前が開けて!! 原っぱ!! 広い原っぱ!

旅行・鷺原の道

旅・イチイガシの巨木群

【Shop by K.i.】旅行・奈良ホテル

【Shop by K.i.】旅・草原

なんだか・・・何処の場所へ出てきたのかが・・・一瞬不明に。
「浮見堂」が、あそこに!?わかりました!
向こう側へ渡り、テクテク歩けば「猿沢の池」に戻るのですね。

私も・・・・人力車に乗って車へと戻りたいかも・・・

如何でした?奈良も「わき道」には、思いがけない出会いが。
修学旅行生、団体旅行者とは会うことの無い「わき道」なのです。

旅行・浮見堂への橋 旅・浮見堂

奈良の街の人力車




ページトップへ